国際交流基金こくさいこうりゅうききん日本国際教育支援協会にほんこくさいきょういくしえんきょうかい運営うんえいする日本語能力試験公式にほんごのうりょくしけんこうしきウェブサイトです。

よくある質問しつもん

日本語能力試験にほんごのうりょくしけんについてのよくある質問しつもんとそのこたえです。
日本国内にほんこくないでの日本語能力試験にほんごのうりょくしけん実施じっしについては、こちらもごらんください。
必要ひつよう情報じょうほうつからない場合ばあいや、解決かいけつしない場合ばあいこちらからわせてください。

1.試験しけんについて

Q: 日本語能力試験にほんごのうりょくしけんはどんな試験しけんですか。

日本語能力試験にほんごのうりょくしけんは、原則げんそくとして日本語にほんご母語ぼごとしないひと対象たいしょうに、日本国内にほんこくないおよ海外かいがいで、日本語能力にほんごのうりょく測定そくていし、認定にんていすることを目的もくてきとしています。

Q: どんなひと受験じゅけんできますか。

母語ぼご日本語にほんごでないひとなら、だれでも受験じゅけんできます。日本国籍にほんこくせきっているかどうかは関係かんけいがありません。年齢制限ねんれいせいげんもありません。

Q: 身体等しんたいとう障害しょうがいがあるひと受験じゅけんはできますか。

はい、できます。身体等しんたいとう障害しょうがいがあるひとのために、受験特別措置じゅけんとくべつそちおこないます。受験地じゅけんち実施機関じっしきかんわせてください。受験特別措置じゅけんとくべつそち希望きぼうするひとは、もうみのとき、願書がんしょといっしょに「受験特別措置じゅけんとくべつそち申請書しんせいしょ」を必要ひつようがあります。

Q: 試験しけんねん何回なんかいおこなわれますか。

7がつと12がつの2かいです。ただし海外かいがいでは、7がつ試験しけんだけおこな都市としや、12がつ試験しけんだけおこな都市としがあります。受験じゅけんしたい都市としでいつ試験しけんおこなうかについては「海外かいがい実施都市じっしとし実施機関一覧じっしきかんいちらん」をてください。

Q: 2022ねん試験しけんはいつですか。

2022ねんは、だい1かいが7がつ3日みっかにち)、だい2かいが12がつ4日よっかにち)です。
(ただし海外かいがいでは、7がつ試験しけんだけおこな都市としや、12がつ試験しけんだけおこな都市としがあります。受験じゅけんしたい都市としでいつ試験しけんおこなうかについては「海外かいがい実施都市じっしとし実施機関一覧じっしきかんいちらん」をてください。)

Q: 試験しけんはどこでけられますか。

日本にほんでは、全国主要都市ぜんこくしゅようとし受験じゅけんすることができます。海外かいがい受験じゅけんするひとは、「海外かいがい実施都市じっしとし実施機関一覧じっしきかんいちらん」で試験しけんおこな都市とし調しらべることができます。

Q: 全部ぜんぶではなく、一部いちぶ試験科目しけんかもくだけをもうむことができますか。

いいえ、できません。

Q: もうみのとき、試験しけんけたいくに地域ちいきにいませんが、どうしたらいいですか。

かなら受験地じゅけんち実施機関じっしきかんもうみをしてください。受験地じゅけんちによってもうみの方法ほうほうがちがいます。受験地じゅけんち実施機関じっしきかんわせてください。自分じぶんもうみができなかったら、受験地じゅけんちともだちやっているひとにたのんでください。

Q: 日本語能力試験にほんごのうりょくしけん主催者しゅさいしゃはどこですか。

国際交流基金こくさいこうりゅうききん日本国際教育支援協会にほんこくさいきょういくしえんきょうかいです。
国内こくないにおいては日本国際教育支援協会にほんこくさいきょういくしえんきょうかいが、海外かいがいにおいては国際交流基金こくさいこうりゅうききん各地かくち実施機関じっしきかん協力きょうりょくて、実施じっししています。
台湾たいわんでは、公益財団法人こうえきざいだんほうじん日本台湾交流協会にほんたいわんこうりゅうきょうかいとの共催きょうさい実施じっししています。

2.レベルについて

Q: どの受験者じゅけんしゃもみんなおな問題もんだいけて、その結果けっかからレベルが判定はんていされるのですか。

いいえ。レベル(N1〜N5)によって試験問題しけんもんだいがちがいます。そのひと日本語能力にほんごのうりょくをできるだけ正確せいかくはかるために、レベルごとにちがう問題もんだい用意よういされています。自分じぶんったレベルをえらんで受験じゅけんしてください。

Q: 受験じゅけんするレベルはどのようにめればいいですか。

認定にんてい目安めやす」を参考さんこうにしてください。また、「問題例もんだいれい(PC)」で実際じっさい試験しけんるのとおな形式けいしき問題もんだいきながら、具体的ぐたいてきにレベルをたしかめることもできます。

Q: 日本語能力試験にほんごのうりょくしけんは、2010ねん改定かいていされたとき、問題形式もんだいけいしき変更へんこうされたりあたらしい問題形式もんだいけいしき追加ついかされたりしましたが、いま試験しけんのレベルと旧試験きゅうしけんきゅうとはどのようにわせたのですか。

いま試験しけんでは、統計分析とうけいぶんせき結果けっかまえて、合否判定水準ごうひはんていすいじゅん合格ごうかくライン)が旧試験きゅうしけんとほぼおなじになるように設定せっていしました。これにより、旧試験きゅうしけんの1きゅう、2きゅう、3きゅう、4きゅう合格ごうかくできる日本語能力にほんごのうりょくった受験者じゅけんしゃは、それぞれいま試験しけんのN1、N2、N4、N5に合格ごうかくできる日本語能力にほんごのうりょくっていると解釈かいしゃくできます。2010ねんあたらしくできたN3については、旧試験きゅうしけんの2きゅうと3きゅう合否判定水準ごうひはんていすいじゅんにおける日本語能力にほんごのうりょくレベルを統計学的とうけいがくてき分析ぶんせきし、このあいだにN3の合格点ごうかくてんおさまるように設定せっていしました。

3.試験科目しけんかもく試験時間しけんじかん試験問題しけんもんだいについて

Q: 日本語能力試験にほんごのうりょくしけんには、会話かいわ作文さくぶん試験しけんがありますか。

いいえ、いまのところ、どちらもありません。

Q: 試験科目しけんかもく試験時間しけんじかんはどうなっていますか。

Q: N4とN5の「言語知識げんごちしき文字もじ語彙ごい)」・「言語知識げんごちしき文法ぶんぽう)・読解どっかい」、N1の「聴解ちょうかい」の試験問題しけんもんだいかずすくなくなり、試験時間しけんじかんみじかくなりました。問題数もんだいすうすくなくなって試験時間しけんじかんみじかくなると、試験問題しけんもんだいむずかしさや問題内容もんだいないようわりますか。

試験問題しけんもんだいむずかしさや問題内容もんだいないようわりません。
あたらしい試験時間しけんじかんは、「試験科目しけんかもく試験時間しけんじかん」のページをてください。

Q: N4とN5の「言語知識げんごちしき文字もじ語彙ごい)」・「言語知識げんごちしき文法ぶんぽう)・読解どっかい」、N1の「聴解ちょうかい」の試験問題しけんもんだいかずすくなくなり、試験時間しけんじかんみじかくなりました。試験結果しけんけっかは、これまでとおなじように信頼しんらいできますか。

試験結果しけんけっかはこれまでとおなじように信頼しんらいできるものです。
一般いっぱんに、問題数もんだいすうおおほう試験結果しけんけっか信頼しんらいできるとわれます。
2020ねん12がつ変更へんこうではN4とN5の「言語知識げんごちしき文字もじ語彙ごい)」と「言語知識げんごちしき文法ぶんぽう)・読解どっかい」で、2022ねん12がつ変更へんこうではN1の「聴解ちょうかい」で問題数もんだいすうっていますが、2010ねん試験しけん改定かいていして以来いらい試験しけんデータを研究けんきゅうすることで、よりすくない問題数もんだいすうであっても、試験結果しけんけっかつづ信頼しんらいできるものとなっています。

Q: N1とN2の試験科目しけんかもく言語知識げんごちしき文字もじ語彙ごい文法ぶんぽう)・読解どっかい」が、N3、N4、N5で「言語知識げんごちしき文字もじ語彙ごい)」と「言語知識げんごちしき文法ぶんぽう)・読解どっかい」の2つにかれているのはどうしてですか。

N3、N4、N5 は、試験しけんせる語彙ごい文法ぶんぽう項目こうもくすくないです。それで、N1 とN2 のように「言語知識げんごちしき文字もじ語彙ごい文法ぶんぽう)・読解どっかい」と1つの試験科目しけんかもくにまとめると、いくつかの問題もんだいがほかの問題もんだいのヒントになることがあります。このことをけるために、N3、N4、N5では「言語知識げんごちしき文字もじ語彙ごい)」と「言語知識げんごちしき文法ぶんぽう)・読解どっかい」の2つに試験科目しけんかもくかれています。

Q: 日本語能力試験にほんごのうりょくしけんにはどのような問題もんだいますか。

試験問題しけんもんだい構成こうせい」のとおりです。「問題例もんだいれい(PC)」には、すべてのレベルのすべての問題形式もんだいけいしきていますので、てください。

Q: 日本語能力試験にほんごのうりょくしけん解答方法かいとうほうほうは、すべてマークシートですか。

はい、多枝選択たしせんたくによるマークシート方式ほうしきです。選択枝せんたくしかずはほとんど4つですが、「聴解ちょうかい」では3つの問題もんだいもあります。

Q: N1とN2の「聴解ちょうかい」の最後さいご問題もんだいで、問題文もんだいぶんに、「この問題もんだいには練習れんしゅうはありません」とかれています。これはどういう意味いみですか。

聴解ちょうかい」のほかの問題もんだいには、受験者じゅけんしゃ問題形式もんだいけいしきこたかた理解りかいしてもらうための例題れいだいがありますが、最後さいご問題もんだいにはそのような例題れいだい練習れんしゅうがない、ということです。

Q: 日本語能力試験にほんごのうりょくしけんでは、日本にほんかんする文化的ぶんかてき知識ちしき必要ひつよう問題もんだい出題しゅつだいされますか。

日本にほんかんする文化的ぶんかてき知識ちしきそのものを問題もんだいはありません。文化的ぶんかてき内容ないよう問題もんだいふくまれる場合ばあいもありますが、その知識ちしきがなければ解答かいとうできないような問題もんだい出題しゅつだいしていません。

Q: 試験しけん問題用紙もんだいようしは、試験終了後しけんしゅうりょうごかえることができますか。

試験しけん問題用紙もんだいようしかえることはできません。問題用紙もんだいようしかえると失格しっかくになります。

Q: 日本語能力試験にほんごのうりょくしけん試験問題しけんもんだい著作権ちょさくけんは、だれが所有しょゆうしますか。

試験問題しけんもんだい著作権ちょさくけんは、主催者しゅさいしゃ国際交流基金こくさいこうりゅうききん日本国際教育支援協会にほんこくさいきょういくしえんきょうかい所有しょゆうします。試験問題しけんもんだい無断むだん転載てんさい複写ふくしゃ複製ふくせいすることは法律ほうりつかたきんじられております。
また、試験問題しけんもんだい一部いちぶには、第三者だいさんしゃ著作物ちょさくぶつふくまれています。当該第三者とうがいだいさんしゃ著作物ちょさくぶつふくまれる部分ぶぶん使用しようされる場合ばあいは、別途べっと著作権者ちょさくけんしゃ承諾しょうだく必要ひつようとなります。

4.試験しけんのための勉強べんきょうについて

Q: 過去かこ出題しゅつだいされた試験問題しけんもんだい出版しゅっぱんされますか。

毎回まいかい試験しけんをそのまま問題集もんだいしゅうとして出版しゅっぱんすることはしませんが、2010ねん改定かいていした日本語能力試験にほんごのうりょくしけんについてこれまでに2しゅうの『日本語能力試験公式問題集にほんごのうりょくしけんこうしきもんだいしゅう』が発行はっこうされています。この日本語能力試験公式問題集にほんごのうりょくしけんこうしきもんだいしゅう』(2012年発行ねんはっこう日本語能力試験公式問題集にほんごのうりょくしけんこうしきもんだいしゅう 第二集だいにしゅう』(2018年発行ねんはっこうには、2010ねん改定後実際かいていごじっさい出題しゅつだいした試験問題しけんもんだいなかから、それぞれかくレベルとも試験しけん1回分かいぶん相当そうとうするかず問題もんだい掲載けいさいされています。今後こんご一定期間いっていきかんごとに、過去かこ出題しゅつだいした試験問題しけんもんだい使つかって問題集もんだいしゅう発行はっこうする予定よていです。発行時期はっこうじきなどは、日本語能力試験にほんごのうりょくしけん公式こうしきウェブサイトなどで発表はっぴょうします。

Q: 2010ねん試験しけん改定かいていされてから、『出題基準しゅつだいきじゅん』が非公開ひこうかいになったのはなぜですか。

日本語学習にほんごがくしゅう最終目標さいしゅうもくひょうは、語彙ごい漢字かんじ文法項目ぶんぽうこうもく暗記あんきするだけではなく、それらをコミュニケーションの手段しゅだんとして実際じっさい利用りようできるようになることだとかんがえています。日本語能力試験にほんごのうりょくしけんでは、そのかんがかたから、「日本語にほんご文字もじ語彙ごい文法ぶんぽうといった言語知識げんごちしき」とともに、「その言語知識げんごちしき利用りようして、コミュニケーションじょう課題かだい遂行すいこうする能力のうりょく」をはかっています。そのため、語彙ごい漢字かんじ文法項目ぶんぽうこうもくのリストが掲載けいさいされた『出題基準しゅつだいきじゅん』の公開こうかいかならずしも適切てきせつではないと判断はんだんしました。
出題基準しゅつだいきじゅん』のわりの情報じょうほうとして、「認定にんてい目安めやす」や「試験問題しけんもんだい構成こうせい」があります。公開こうかいしている「問題例もんだいれい(PC)」も参考さんこうにしてください。

Q: 聴解ちょうかい」の問題例もんだいれい音声おんせい実際じっさいいてみることができますか。

はい、できます。「問題例もんだいれい(PC)」から音声おんせいファイルをダウンロードすることができます。また、以下いか問題集もんだいしゅうには「聴解ちょうかい」の音声おんせいCDがついています。
・『あたらしい「日本語能力試験にほんごのうりょくしけん」ガイドブック概要版がいようばん問題例集もんだいれいしゅう N1, N2, N3へん』(900えんぜい
・『あたらしい「日本語能力試験にほんごのうりょくしけんガイドブック概要版がいようばん問題例集もんだいれいしゅう N4, N5へん』(800えんぜい
・『日本語能力試験にほんごのうりょくしけん公式問題集こうしきもんだいしゅう』(N1/N2/N3/N4/N5)(700えんぜい
・『日本語能力試験にほんごのうりょくしけん公式問題集こうしきもんだいしゅう 第二集だいにしゅう』(N1/N2/N3/N4/N5)(700えんぜい

5.得点とくてん合否判定ごうひはんていについて

Q: 試験しけん得点とくてんはどのようにされますか。

かくレベルの得点区分とくてんくぶん得点とくてん範囲はんいは「レベル別得点区分べつとくてんくぶん得点とくてん範囲はんい」のとおりです。

Q: 試験しけん結果けっかると、N4、N5では、試験科目しけんかもく別々べつべつだった「言語知識げんごちしき文字もじ語彙ごい)」と「言語知識げんごちしき文法ぶんぽう)・読解どっかい」が、1つの得点区分とくてんくぶんにまとまっています。どうしてですか。

日本語学習にほんごがくしゅう基礎段階きそだんかいにあるN4、N5では、「言語知識げんごちしき」と「読解どっかい」の能力のうりょくかさなる部分ぶぶん未分化みぶんか部分ぶぶんおおいです。それで、「言語知識げんごちしき」と「読解どっかい」の得点とくてん別々べつべつすよりも、わせてほう学習段階がくしゅうだんかい特徴とくちょうっているとかんがえたためです。

Q: それぞれの得点区分とくてんくぶんなかで、各問題かくもんだい配点はいてんはどのようになっていますか。

試験しけんなかには、各問題かくもんだい配点はいてんめておき、正解せいかいした問題もんだい配点はいてん合計ごうけいして、得点とくてん方式ほうしきもありますが、日本語能力試験にほんごのうりょくしけんは、「項目応答理論こうもくおうとうりろん」にもとづいた尺度得点方式(しゃくどとくてんほうしき)なので、問題もんだいごとの配点はいてん合計ごうけいするという方法ほうほうではありません。尺度得点(しゃくどとくてん)についてのくわしい説明せつめいこちらてください。

Q: 試験しけん結果けっかをもらったら、おもっていた得点とくてんちがったのですが、たしかめてもらえますか。

一人一人ひとりひとり得点とくてんは、機械処理きかいしょりだけではなく、専門家せんもんかによる厳正げんせい点検てんけんをしてしています。受験案内じゅけんあんない明記めいきされているように、個別こべつ成績せいせきかんするわせには、一切いっさいこたえられません。
なお、日本語能力試験にほんごのうりょくしけん得点とくてんは「尺度得点(しゃくどとくてん)」という得点とくてんです。「尺度得点(しゃくどとくてん)」は、受験者じゅけんしゃ一人一人ひとりひとりの「解答かいとうのパターン」をもとに得点とくてんです。「正解せいかいした問題もんだいかず」からされる得点とくてんではありません。そのため、自分じぶんおもっていた得点とくてんとはちが結果けっかになることもあります。尺度得点(しゃくどとくてん)についてのくわしい説明せつめいこちらてください。

Q: 結果けっかをもらい、得点とくてんはわかりましたが、自分じぶん受験者じゅけんしゃ全体ぜんたいなかでどのくらいの位置いちだったのかりたいです。

過去かこ試験しけんのデータ(PC)」の各回かくかい試験しけんのくわしい資料しりょうに、「尺度得点累積分布図しゃくどとくてんるいせきぶんぷず」というグラフがっています。結果けっかかれている尺度得点(しゃくどとくてん)とこのグラフを使つかうと、自分じぶんおな試験しけんけた受験者じゅけんしゃ全体ぜんたいなかで、自分じぶんがどの位置いちにいるかをることができます。


※2016ねんだい1かい(7がつ試験しけんより、海外かいがい受験じゅけんした合格者ごうかくしゃ聴解免除(なんかいめんじょ)のぞく)の成績証明書せいせきしょうめいしょに、その試験しけんふく過去かこかい全受験者ぜんじゅけんしゃなかでの「パーセンタイル順位じゅんい」(あなたの得点とくてんたない受験者じゅけんしゃ全体ぜんたいなんパーセントをめているか)を表示ひょうじします。

Q: いま試験しけん得点とくてんと、2009ねんまでの試験しけん旧試験きゅうしけん)の得点とくてんくらべることができますか。

いいえ。試験科目しけんかもく得点とくてんかたなどがわりましたので、いま試験しけん旧試験きゅうしけん得点とくてんくらべることはできません。

Q: 合格ごうかく不合格ふごうかくはどうやってまりますか。合格ごうかく必要ひつよう得点とくてん何点なんてんですか。

すべての試験科目しけんかもく受験じゅけんして、①総合得点そうごうとくてん合格ごうかく必要ひつようてん(=合格点ごうかくてん以上いじょうで、②すべての得点区分とくてんくぶん得点とくてんが、区分くぶんごとにもうけられた合格ごうかく必要ひつようてん(=基準点きじゅんてん以上いじょうなら合格ごうかくです。得点区分とくてんくぶん得点とくてんが1つでも基準点きじゅんてんたっしていない場合ばあいは、総合得点そうごうとくてんがどんなにたかくても不合格ふごうかくになります。

N1〜N3とN4、N5は、得点区分とくてんくぶんことなります。かくレベルの合格点ごうかくてん基準点きじゅんてんしたひょうのとおりです。

N1〜N3
レベル N1 N2 N3
総合得点そうごうとくてん 得点とくてん範囲はんい 0〜180 0〜180 0〜180
合格点ごうかくてん 100 90 95
得点とくてん
区分別くぶんべつ
得点とくてん
言語知識げんごちしき
(文字もじ語彙ごい文法ぶんぽう)
得点とくてん範囲はんい 0〜60 0〜60 0〜60
基準点きじゅんてん 19 19 19
読解どっかい 得点とくてん範囲はんい 0〜60 0〜60 0〜60
基準点きじゅんてん 19 19 19
聴解ちょうかい 得点とくてん範囲はんい 0〜60 0〜60 0〜60
基準点きじゅんてん 19 19 19
N4〜N5
レベル N4 N5
総合得点そうごうとくてん 得点とくてん範囲はんい 0〜180 0〜180
合格点ごうかくてん 90 80
得点とくてん
区分別くぶんべつ
得点とくてん
言語知識げんごちしき
(文字もじ語彙ごい文法ぶんぽう)・読解どっかい
得点とくてん範囲はんい 0〜120 0〜120
基準点きじゅんてん 38 38
聴解ちょうかい 得点とくてん範囲はんい 0〜60 0〜60
基準点きじゅんてん 19 19

上記じょうき基準きじゅんは2010ねんだい1かい(7がつ)(N4・N5は2010ねんだい2かい(12がつ))試験しけんから適用てきようされた基準きじゅんです。

Q: どうして、合格ごうかくするために、①総合得点そうごうとくてん合格ごうかく点以上てんいじょうで、②すべての得点区分とくてんくぶん得点とくてん基準点きじゅんてん以上いじょうであることが必要ひつようなのですか。

言語知識げんごちしき」「読解どっかい」「聴解ちょうかい」のどの要素ようそ能力のうりょくもそれぞれ一定程度いっていていどそなえているかどうか、評価ひょうかするためです。

Q: 受験じゅけんしない試験科目しけんかもくがあったら、どうなりますか。

受験じゅけんすべき試験科目しけんかもくのうち、1つでも受験じゅけんしない試験科目しけんかもくがあると、不合格ふごうかくになります。合否結果通知書ごうひけっかつうちしょまたは日本語能力試験にほんごのうりょくしけん 認定結果にんていけっかおよ成績せいせきかんする証明書しょうめいしょとどきますが、受験じゅけんした試験科目しけんかもくふくめてすべての試験科目しけんかもく得点とくてんません。

Q: ある得点区分とくてんくぶん基準点きじゅんてんとどかなくて不合格ふごうかくになったら、そのつぎ試験しけんで、その得点区分とくてんくぶん対応たいおうしている試験科目しけんかもくだけを受験じゅけんして、基準点以上きじゅんてんいじょうてんをとれば合格ごうかくになりますか。

いいえ。合格ごうかく不合格ふごうかく判定はんていは、1かい試験しけんごとに、すべての試験科目しけんかもく受験じゅけんしたひと対象たいしょうおこないます。ですから、基準点きじゅんてん上回うわまわらなかった得点区分とくてんくぶん対応たいおうしている試験科目しけんかもくだけをつぎ試験しけん受験じゅけんしても、合格ごうかく不合格ふごうかく判定はんていができません。つぎ試験しけんですべての試験科目しけんかもく受験じゅけんして、①総合得点そうごうとくてん合格ごうかくてん以上いじょうで、②すべての得点区分とくてんくぶん得点とくてん基準点きじゅんてん以上いじょうなら合格ごうかくです。

6.試験しけん結果けっかについて(合否結果通知書ごうひけっかつうちしょ日本語能力試験にほんごのうりょくしけん 認定結果にんていけっかおよ成績せいせきかんする証明書しょうめいしょ日本語能力認定書にほんごのうりょくにんていしょ

Q: 試験しけん結果けっかはいつ、どのようにもらえますか。

合格者ごうかくしゃには日本語能力認定書にほんごのうりょくにんていしょおくります。また、日本国内にほんこくないでの受験者全員じゅけんしゃぜんいん合否結果通知書ごうひけっかつうちしょおくります。
海外かいがいでの受験者じゅけんしゃには2014ねんから合否結果通知書ごうひけっかつうちしょのかわりに日本語能力試験にほんごのうりょくしけん 認定結果にんていけっかおよ成績せいせきかんする証明書しょうめいしょ全員ぜんいんおくります。日本国内にほんこくない場合ばあいだい1かい試験しけん(7がつ)の結果けっかは9月上旬がつじょうじゅんだい2かい試験しけん(12がつ)の結果けっかは2月上旬がつじょうじゅんおく予定よていです。海外かいがい場合ばあいは、受験地じゅけんち実施機関じっしきかんつうじておくりますので、だい1かい試験しけん(7がつ)の結果けっかは10月上旬がつじょうじゅんだい2かい試験しけん(12がつ)の結果けっかは3月上旬がつじょうじゅん受験者じゅけんしゃとど予定よていです。そのつきわるころになってもとどかない場合ばあいは、受験地じゅけんち実施機関じっしきかんわせてください。

Q: 電話でんわやメールで試験しけん結果けっかおしえてもらえますか。

できません。

Q: 合否結果通知書ごうひけっかつうちしょ日本語能力試験にほんごのうりょくしけん 認定結果にんていけっかおよ成績せいせきかんする証明書しょうめいしょ日本語能力認定書にほんごのうりょくにんていしょあやまりがあります。

合否結果通知書ごうひけっかつうちしょ日本語能力試験にほんごのうりょくしけん 認定結果にんていけっかおよ成績せいせきかんする証明書しょうめいしょ日本語能力認定書にほんごのうりょくにんていしょについて、名前なまえ生年月日せいねんがっぴあやまりがあった場合ばあい再発行さいはっこう手続てつづきは、受験地じゅけんちによってことなります。日本国内にほんこくない受験じゅけんしたひとは「日本語能力試験受付にほんごのうりょくしけんうけつけセンター」に、海外かいがい受験じゅけんしたひとは、受験地じゅけんち実施機関じっしきかん国際交流基金こくさいこうりゅうききんわせてください。

日本にほん
  • 日本語能力試験受付にほんごのうりょくしけんうけつけセンター
  • 受付時間うけつけじかん げつ金曜日きんようび 9:30〜17:30
  • 電話でんわ:03-6686-2974 / FAX:03-6845-2544
海外かいがい
受験地じゅけんち実施機関じっしきかん国際交流基金こくさいこうりゅうききんもうんでください。

国際交流基金こくさいこうりゅうききんもう場合ばあい
以下いか申請しんせいフォームよりもうんでください。

成績書類せいせきしょるい誤記ごき修正しゅうせい発行後はっこうご1年以内ねんいないかぎけています。個人都合こじんつごうによる変更へんこうや、1年以上経過後ねんいじょうけいかご修正しゅうせいけていません。

Q: 日本語能力試験にほんごのうりょくしけん認定にんてい有効期限ゆうこうきげんはありますか。

日本語能力試験にほんごのうりょくしけん認定にんてい有効期限ゆうこうきげんはありません。また、2009ねんまでの試験(しけん)旧試験(きゅうしけん))の結果けっか認定にんてい)も無効むこうにはなりません。ただし、試験しけん結果けっか参考さんこうにする会社かいしゃ学校がっこう有効期限ゆうこうきげんめている場合ばあいがあるようです。必要ひつようおうじて会社かいしゃ学校がっこう個別こべつ確認かくにんしてください。

Q: 合否結果通知書ごうひけっかつうちしょ日本語能力試験にほんごのうりょくしけん 認定結果にんていけっかおよ成績せいせきかんする証明書しょうめいしょ日本語能力認定書にほんごのうりょくにんていしょをなくしてしまったのですが。

再発行さいはっこうはできませんが、そのわりに参考情報さんこうじょうほうっていない「日本語能力試験にほんごのうりょくしけん認定結果にんていけっかおよ成績せいせきかんする証明書しょうめいしょ」を発行はっこうすることはできます。申請方法しんせいほうほうこちらてください。

Q: 日本語能力試験にほんごのうりょくしけん結果けっかは、日本にほん大学だいがく入学試験にゅうがくしけん参考資料さんこうしりょうとして使つかわれますか。

日本語能力試験にほんごのうりょくしけん結果けっか参考さんこうにしている大学だいがくもあります。くわしくは志望校しぼうこう直接ちょくせつわせてください。

Q: 日本語能力認定書兼合否結果通知書にほんごのうりょくにんていしょけんごうひけっかつうちしょ」、「日本語能力認定書にほんごのうりょくにんていしょ」、「認定結果及にんていけっかおよ成績せいせきかんする証明書しょうめいしょ」が偽造ぎぞう変造へんぞうではないことをどのように確認かくにんすればよいですか。

日本語能力認定書兼合否結果通知書にほんごのうりょくにんていしょけんごうひけっかつうちしょ」、「日本語能力認定書にほんごのうりょくにんていしょ」、「認定結果及にんていけっかおよ成績せいせきかんする証明書しょうめいしょ」の真偽確認依頼しんぎかくにんいらい手続てつづきは、受験地じゅけんちによってことなります。日本国内にほんこくない受験じゅけんしたひとは、「日本国際教育支援協会日本語試験にほんこくさいきょういくしえんきょうかいにほんごしけんセンター」に、海外かいがい受験じゅけんしたひとは、「国際交流基金日本語試験こくさいこうりゅうききんにほんごしけんセンター」にわせてください。

日本にほん
  • 日本国際教育支援協会日本語試験にほんこくさいきょういくしえんきょうかいにほんごしけんセンター
  • 受付時間うけつけじかん げつ金曜日きんようび 9:30〜17:30 (祝日しゅくじつ年末年始ねんまつねんしのぞく)
  • 電話でんわ  03-5454-5215  FAX 03-5454-5235
海外かいがい
  • 国際交流基金日本語試験こくさいこうりゅききんにほんごしけんセンター
  • メール jlptinfo@jpf.go.jp
  • (メールをおくさいは、全角ぜんかく@マークを半角はんかく@マークに変更へんこうしてください。
  • 日本語にほんご英語えいごいてください。

7.「日本語能力試験にほんごのうりょくしけん 合格者ごうかくしゃ専門家せんもんか評価ひょうかによるレベルべつCan-doリスト-わたしが日本語にほんごでできること-」について

Q: 認定にんてい目安めやす」と「日本語能力試験にほんごのうりょくしけん 合格者ごうかくしゃ専門家せんもんか評価ひょうかによるレベルべつCan-doリスト-わたしが日本語にほんごでできること-」はどのようにちがうのですか。

認定にんてい目安めやす」は日本語能力試験にほんごのうりょくしけんかくレベルでもとめている能力水準のうりょくすいじゅんしめすものです。これにたいして、「日本語能力試験にほんごのうりょくしけん 合格者ごうかくしゃ専門家せんもんか評価ひょうかによるレベルべつCan-doリスト-わたしが日本語にほんごでできること-」は、かくレベルの合格者(ごうかくしゃ)が「自分じぶん日本語にほんごでこういうことができる」とかんがえている内容ないようあらわしています。つまり、合格ごうかく基準きじゅんやレベルの水準すいじゅんではなく、受験者(じゅけんしゃ)自己評価じこひょうかもとづくものです。「このレベルの合格者(ごうかくしゃ)日本語にほんご使(つか)ってどんなことができそうか」というイメージを(つく)るための参考(さんこう)にしてください。

Q: 日本語能力試験にほんごのうりょくしけん 合格者ごうかくしゃ専門家せんもんか評価ひょうかによるレベルべつCan-doリスト-わたしが日本語にほんごでできること-」にいてあることは、そのレベルに合格ごうかくしたひとみんなができるとかんがえていいですか。

いいえ。これは、合格ごうかくしたひとが「…ことができるとおもうか」という質問しつもんたいしてこたえた結果けっかなので、合格者ごうかくしゃ全員ぜんいんかならずしも実際じっさいにできるというものではありません。しかし、調査ちょうさにはやく65,000にんというおおくのかた協力きょうりょくをいただきましたので、個人こじんによる極端きょくたん排除はいじょされ、全体ぜんたいとしての傾向けいこうしめしているとかんがえられます。

Q: 日本語能力試験にほんごのうりょくしけんには「会話(かいわ)」や「作文(さくぶん)」などがないのに、「日本語能力試験にほんごのうりょくしけん 合格者ごうかくしゃ専門家せんもんか評価ひょうかによるレベルべつCan-doリスト-わたしが日本語にほんごでできること-」には「(はな)す」と「()く」の技能(ぎのう)(かん)する記述(きじゅつ)があるのはなぜですか。

日本語能力試験にほんごのうりょくしけん 合格者ごうかくしゃ専門家せんもんか評価ひょうかによるレベルべつCan-doリスト-わたしが日本語にほんごでできること-」は、アンケート調査ちょうさをもとに、かくレベルの合格者(ごうかくしゃ)日本語にほんご使(つか)ってどのようなこと(()く・(はな)す・()む・()く)ができると(かんが)えているかをまとめたものです。試験しけんのシラバス(出題内容しゅつだいないよう)ではありません。試験しけん出題科目(しゅつだいかもく)内容(ないよう)(かか)わらず、合格者ごうかくしゃ日本語(にほんご)で「できる」と(かんが)えていることを受験者(じゅけんしゃ)やまわりの方々(かたがた)総合的(そうごうてき)(つた)えるため、「(はな)す」と「()く」の技能(ぎのう)(ふく)めて調査ちょうさ(おこな)い、リストを作成(さくせい)しました。

Q: 日本語能力試験にほんごのうりょくしけん 合格者ごうかくしゃ専門家せんもんか評価ひょうかによるレベルべつCan-doリスト-わたしが日本語にほんごでできること-」と「JF日本語教育にほんごきょういくスタンダード」のCan-doは、おなじものですか。

いいえ。「日本語能力試験にほんごのうりょくしけん 合格者ごうかくしゃ専門家せんもんか評価ひょうかによるレベルべつCan-doリスト-わたしが日本語にほんごでできること-」と「JF日本語教育にほんごきょういくスタンダード」はことなる経緯けいい作成さくせいされたもので、開発目的かいはつもくてき開発方法かいはつほうほう手順てじゅんなどがことなります。JF日本語教育にほんごきょういくスタンダードのCan-doについては、「JF日本語教育にほんごきょういくスタンダード」ウェブサイトてください。日本語能力試験にほんごのうりょくしけんとJF日本語教育にほんごきょういくスタンダードの関係かんけいについては、「JFスタンダードと日本語能力試験にほんごのうりょくしけん連関れんかん調査報告ちょうさほうこく」をてください。

8.その

Q: 法務省ほうむしょうさだめる日本語教育機関にほんごきょういくきかん告示基準こくじきじゅん改正かいせいされ、各年度かくねんど課程修了かていしゅうりょう認定にんていけたもののうち、大学等だいがくとうへの進学者しんがくしゃかず入管法別表第にゅうかんほうべっぴょうだい1の1のひょうしくはだい1の2のひょう上欄じょうらん在留資格ざいりゅうしかく外交がいこう公用こうようおよび技能実習ぎのうじっしゅうのぞく。)への変更へんこう許可きょかされたもの数及かずおよ日本語にほんご能力のうりょくかんしCEFRのA2相当以上そうとういじょうのレベルであることが試験しけんその評価方法ひょうかほうほうにより証明しょうめいされたものかず合計数ごうけいすう割合わりあいが3年間連続ねんかんれんぞくして7わり下回したまわった日本語教育機関にほんごきょういくきかんは、留学告示別表第りゅうがくこくじべっぴょうだい1の1のひょうから抹消まっしょうされる、ときました。
CEFRのA2相当以上そうとういじょうのレベルであることを証明しょうめいするためには、日本語能力試験にほんごのうりょくしけんのどのレベルを受験じゅけんしたらよいでしょうか。

日本語能力試験にほんごのうりょくしけんは、CEFRの提供ていきょうするかくレベルと1たい1の対応たいおうをしているものではありませんが、日本語能力試験にんごのうりょくしけんのN4以上いじょうに7割以上わりいじょう学習者がくしゅうしゃ合格(ごうかく)すれば、日本語教育機関にほんごきょういくきかん告示こくじもとめられる水準すいじゅんたしているとかんがえることができます。

Q: 日本語能力試験にほんごのうりょくしけんのN4以上いじょうに7割以上わりいじょう学習者がくしゅうしゃ合格ごうかくすれば、日本語教育機関にほんごきょういくきかん告示こくじもとめられる水準すいじゅんたしているとかんがえられる根拠こんきょおしえてください。

法務省入国管理局ほうむしょうにゅうこくかんりきょく平成へいせい31ねん2がつ発表はっぴょうした「特定技能とくていぎのうかか試験(しけん)方針ほうしんについて」では、1号特定技能外国人ごうとくていぎのうがいこくじんもとめられる日本語水準にほんごすいじゅんは、

・ごく基本的きほんてき個人的情報こじんてきじょうほう家族情報かぞくじょうほう(もの)近所きんじょ仕事しごとなど、直接的関係(ちょくせつてきかんけい)がある領域りょういき(かん)する、よく使(つか)われる(ぶん)表現(ひょうげん)理解(りかい)できる。
簡単(かんたん)日常的(にちじょうてき)範囲(はんい)なら、身近(みぢか)日常(にちじょう)事柄(ことがら)についての情報交換(じょうほうこうかん)(おう)ずることができる。
自分(じぶん)背景(はいけい)()(まわ)りの状況(じょうきょう)や、直接的(ちょくせつてき)必要性(ひつようせい)のある領域(りょういき)事柄(ことがら)簡単(かんたん)言葉(ことば)説明(せつめい)できる。

となっており、これは「学習(がくしゅう)教授(きょうじゅ)評価(ひょうか)のためのヨーロッパ共通参照枠(きょうつうさんしょうわく)(CEFR)」のA2レベルに相当(そうとう)します。
特定技能(とくていぎのう)在留資格(ざいりゅうしかく)(かか)制度(せいど)運用(うんよう)(かん)する方針(ほうしん)」(平成(へいせい)30(ねん)12(がつ)25日閣議決定(にちかくぎけってい)別紙(べっし)特定産業分野(とくていさんぎょうぶんや)14業種(ぎょうしゅ)在留資格運用方針(ざいりゅうしかくうんようほうしん)(さだ)められています。この(なか)で、14業種(ぎょうしゅ)すべてにおける日本語能力水準(にほんごのうりょくすいじゅん)測定(そくてい)する試験(しけん)のひとつとして、JLPT(N4以上(いじょう))が()げられています。
したがって、JLPTのN4以上合格で(いじょうごうかく)CEFRのA2レベルの水準(すいじゅん)()たすものと一般(いっぱん)認識(にんしき)されていると()えます。
このことから、JLPTのN4以上(いじょう)に7割以上(わりいじょう)学習者(がくしゅうしゃ)合格(ごうかく)すれば、日本語教育機関(にほんごきょういくきかん)告示(こくじ)(もと)められる水準(すいじゅん)()たしている、と(かんが)えることができます。

ページのトップにもどる